水道 工事で修理しなければいけない状況とは

水道 工事で修理しなければいけない状況とは 水道 工事による修理が必要になる時とはどんな時でしょう。トイレが詰まったり、蛇口から水漏れするという場合は詰まりを除去したり、部品を交換するなどして自分で対処できることもあります。しかし、詰まりの中でもその詰まっている場所が自分で対処できないほど奥の方で起こっている場合は、排水管を掘り起こしてみて点検修理した方が根本的解決になるケースもあります。住宅の敷地内ではない部分にトラブルが発生していたら水道局の出番です。そうなるとかなり大がかりなものになってしまいます。様々な状況下で発生する水道 工事による修理について理解を深めておくことはいざという時に役に立つ場合もあります。

■トイレが詰まってしまった

トイレのつまりで専門業者に修理を依頼する事例は、実は最も多いケースです。トイレには様々なものをよく落とします。一番大きいものは携帯電話です。ボールペンやタオルを落とす人もいますし、トイレットペーパーを大量に流したら詰まってしまったというケースもあります。トイレに接続されている排水管は、実は思っているよりも狭いのです。やっかいなことに一般的にはU字溝が途中にあるので、そこで詰まってしまえば便器を外して直接U字溝を点検することになります。
流してはいけないものを流してしまったことによるつまりは、自分で直すことも可能です。水道 工事の依頼をする前にできる範囲の事はやったほうが賢明です。ただし、間違った方法で行うと後から大きな経費がかかってしまうこともあるので注意しましょう。

■排水管が詰まる理由とは
排水管の汚れが原因で詰まっている場合、高圧洗浄もしくはトーラーなど、特殊な道具を使用しての修理になることもあります。汚れの原因は様々ですがキッチンであれば食べ残しを流すことで、排水管の壁に油などがこびりつき、流れを悪くしていることがあります。インスタントラーメンの残り汁をトイレに流す人もいますが、本来は残飯として廃棄すべきものです。嘔吐した汚物の中にも油っこいものが多く含まれていますから、長い間の蓄積でトイレを詰まらせてしまう原因になることもあります。
まれに大便をしたらつまったという場合もありますが、時間がたてば少しずつ流れるようになりますので心配はいりません。ペットの便は人間のと違って水に溶けにくいので、なるべくならトイレに流さないほうが安全です。

■排水管の仕組みと経年劣化

排水管は水道のように圧力がかかっているわけではなく、自然の重力によって汚水が流れる仕組みとなっています。そのため角度に規定があり、汚水がスムーズに流れていくように設計されているのですが、なんらかの理由で角度が変わってしまうと逆流やつまりの原因になっていきます。家屋が建築法にのっとった設計がされていないか、地震などで角度が変わってしまった事が考えられます。状況によって水道 工事で正しい角度に戻すための工事が必要となります。
旧法で設置された排水管には金属またはコンクリートが利用さていますので、経年劣化します。鉛や鉄は確かに頑丈なのですが、難点は経年劣化しやすい事です。現在はもっと軽くさびにくいポリエチレンなどが利用されています。排水管の接合部分に隙間ができたことでもトイレットペーパーや汚物がはさまって流れを悪くしますので、排水管の交換がなされます。

■まとめ
設計上の原因でつまりや水漏れがおきてしまっている時は自分ではどうしようもありません。実際水道 工事になれば数万円の費用がかさむことになりますので、家計に大きくひびきます。大半は屋外での工事が主になりますので家の壁を壊す工事は、よほどの理由がない限りありません。敷地外の排水管の交換工事は本来自治体で行われるべき工事内容なので、お住いの担当課へ相談してみる事は有効です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース